ヴォクシーを先日買ったんですが、かなり満足しています。

自分の家の車っていうのはしっかりと考えて買っているので、かなり満足している点があって愛着が湧きますよね。

私もつい先日中古で買った一台目から新車で二台目に買い替えて、それはもう新車ということで前の車とは全然違ってきていて驚いています。

買った車種ですがトヨタのヴォクシーであり、ちょっと大きめのスペースがありながらもコンパクトに纏まっているので家族で乗るのに丁度いい感じだなと思っています。

まずは運転のし心地ですが、本当に中古の前の車と比べたら圧倒的にハンドルが軽いのが爽快でした。

とにかく軽いハンドルに座り心地も良いシートで、ブレーキも良好であり、ますます運転するのが楽しくなってしまいました。

嬉しい点と言ったらこのヴォクシーは後部座席には両側スライドドアた付いていて、例えばお買い物の時に荷物を載せたり、家族旅行の際に荷物を載せるのがとても簡単になったのが便利だなと思いました。

各種備え付けのものも便利なものが多くて、特にカーナビ一体型のオーディオシステムが凄く良いなと思っています。

CDなどを取り込んで記憶媒体から音楽を流すことが出来るので、レンタルで借りたりしている内にアルバムが50も入ってしまって、お気に入りの音楽を流しながらのドライブが最近では楽しみになっています。

後はキーのオートロックシステムも一度やってみたかったのですが、遂に新車で出来たのもちょっと誇らしげかなと思っていたりもします。

やはり新車というのは機能もさながら愛着が湧いてしまうものですね。

アクアは世界トップクラスの低燃費

去年購入したトヨタアクアSは世界トップクラスの低燃費を売りにしていますが、まさに看板に偽りなしの燃費を実感しています。
私たちの夫婦二人だけで使用するので特に大きな自動車は必要ではありませんし、よく長距離に旅行に出かけたりするので、軽自動車くらいの狭さやパワーのなさでは少し心もとないこともありますので、大きさも私たちの使用目的にドンピシャリです。

それでも、購入した当初は私たちにとって初めてのハイブリッド車ということもあり、あまりにも静かなことや滑るように走り出すことなどは当初は戸惑うことが多かったのですが、それも慣れてくれば静かなことはメリットとなっていきます。

燃費もカタログ燃費は1リッターあたり37キロという、目を疑うような低燃費ではありましたが、これも当初は使い勝手が分からない面もあり、期待ほどの数値ではありませんでしたが、インターネットで運転の仕方を研究したり、色々運転するときに試したりして行くうちにどんどん改善してきました。さすがにカタログ燃費までには行きませんが、長距離で条件が良い道路を走行していると30キロ近くの燃費になっている時もあります。

くだらないと思われるかもしれませんが、最終的には常時30キロの燃費を出せるような運転をするのが目下の目標となっています。
ガソリン価格が以前と比べると下がってきたので、低燃費によるお得感は減ってきてはいますが、低燃費はそれだけでなく、環境性能が良いということも言えますから、その点でも満足感は高いです。


公開日:

no image
パッソに乗っています。

私の愛車はトヨタのコンパクトカーであるパッソです。 デビューから

no image
購入してから3年半の愛車

私の愛車は、購入してから3年半です。 とはいっても、「マイカー」

→もっと見る